困ったらALLIN

enjoyしながら5nlで遊んでいくブログ

HOKKAIDO GRANDPRIX2020~QJs vs KK~

疲れました。困ったら立直です。

 

f:id:koma_reach:20200927235330j:plain

 

行ってきました。人生初の大きいトーナメント。とても緊張しまくり。

 

記念すべきファーストハンドはJQs。UTGがリンプ。+2もリンプコール。COの自分もコールしてSB,BBはチェック。

 

ボードはAK4のスペードが2枚。自分までチェックで回り、4割ベット。UTGと+2がコール。ターンはTが落ちて自分はナッツストレート。もう一度4割ベット。二人ともコール。リバーは7が落ちた。すると+2が突然ハーフポットぐらいのドンクベット。僕はそれにオールインを返すとちょっと悩んでコール。なんとKKが出てきた。どうやらフロップセットができていたみたいだ。

 

まさかのファーストハンドでいきなりKKをクラックする幸先のよさ。そのあとはのらりくらりどうにか予選突破。day2も頑張ります。

 

マイハンドでオールイン~KQs VS AA~

結果は察して。困ったら立直です。

 

皆のマイハンドって何ですかね?マイハンドって言葉で通じるのかわからないけども、少なくとも自分近辺では

 

マイハンド=お気に入りのハンド

 

という意味合いで使われている。僕のマイハンドはKQsと78sだ。特にKQはハート、78はクラブが望ましい。というか単純にスーコネが好きなだけなんだけど。

 

早速これを見てほしい。

 

f:id:koma_reach:20200921230956j:plain

これはsbでKQsが配られてテンションが上がって3betをしたシーン。自分はポジションが悪いときは3betの額を(4+コーラー)倍にしている。そしてホールデムマネージャー曰く相手のVPIPは26と結構高め。そこそこ弱めのハンドも多いのだろう。

 

 

f:id:koma_reach:20200921231000j:plain

 

意外にも4betが返ってきた。直感では降りろと言われた気がするが、オッズが十分いいためコールを選択。

 

f:id:koma_reach:20200921231004j:plain

ボードは4s9d8s。セカンドナッツのフラッシュドローだ。フロップはチェックで回し、相手のアクション。

 

 

f:id:koma_reach:20200921231008j:plain

だいたい33%betが来た。結構意外だった。こういうボードならチェックで返すか、7割ぐらいの大きめのbetと思った。

ここでブラフレイズの方が良かったのかな?コールで回してターンへ。

 

f:id:koma_reach:20200921231012j:plain

ターンは10dが落ちた。またしても相手は33%のベットをしてきた。自分の手はさらにナッツストレートドローも加わった。

 

f:id:koma_reach:20200921230943j:plain

ここで自分はレイズオールイン。

 

 

f:id:koma_reach:20200921230948j:plain

相手のハンドはAA。勝率は30%弱ほど。

 

 

f:id:koma_reach:20200921230952j:plain

まあ大概こうなるよね。

 

とまあ相手の4betレンジを考えていないと痛い目を見てしまうものだ。5nlのプレイヤーの4betレンジってたぶんAA,KK,AKsぐらいな気がする。そしてこのボードは結構ブラフも多いし、5nlでAAやらKKをフォールドする人をあんまり見ない。フォールドさせれるのってAKsのダイヤ以外になっちゃうし。ってなったらそもそも4betにはフォールドした方が良さそうだし、ターンもわざわざ安く見せてくれているのだからコール止めにした方が良いよね。

 

ちゃんと相手のハンドレンジを考えなきゃね。ブラフオールインしてもフォールドエクイティがほとんど今回はないわけで。AAの6パターン。KKの3パターン。AKsの3パターン。全12種類のハンドのうちフォールドを期待できるのはわずか2種類のみ。之は要反省して次回こそブラフレイズを決めたいものだ。

今日のオールイン

オールインして勝つのが一番気持ちいいね。

 

オールインを目指すハンドといえば3betポットでのフロップセットVSトップヒット。

 

f:id:koma_reach:20200920194638j:plain

こんなときね。

 

f:id:koma_reach:20200920194641j:plain

ちゃんと相手の全額をとれるようにレイズをしなきゃね。

たぶんオンライン見たいな不特定多数相手は知らないけど。アミューズメントとか見たいな特定多数の人とポーカーするときはこういう時にセットやトップツーペア以外でもレイズをするようにしなきゃならない。

 

最たる例がドロー系だ。上で言うとフラッシュドローもレイズするレンジに入れないといけない。じゃないとレイズするハンドが必ずツーペア以上と認識されたらせっかくとセットが生かせない。

 

ドローみたいなハンドでセミブラフのレイズの可能性が存在するからこそ本物で利益が稼げるというものだ。

 

 

f:id:koma_reach:20200920194646j:plain

そして稼げるハンドその2。スーテッドコネクター

 

いわゆる投機的なハンドと言われている奴。上はワンギャップのスーコネ。こんな一発自摸みたいなことはそうそうないけど、ストレートやフラッシュを作りやすく、大きなポッドにしやすい。そのためにはフロップやターンでのセミブラフ。滑ったときでのリバーでの対処とかいろいろあるけど単純に扱っていて楽しい。

 

そして強い役が作れたらスロープレイをしないこと。

 

f:id:koma_reach:20200920194649j:plain

こういう時はちゃんと大きくレイズを返さなきゃ。フラッシュドローに対してとKQみたいな手からはできる限り搾取していかないと。

 

f:id:koma_reach:20200920194654j:plain


軽々しく逆転するチャンスを与えないようにしよう。スロープレイが悪いわけじゃないけどわからんかったらスロープレイしない方が楽なことが多そう。強いハンドは強いと主張しよう。強くなりそうハンドも同じく主張していけばバランスよくていいんじゃないかと。

暇なときによく見るnote・ブログ

仕事の合間にこんにちは。困りーです。

 

ちょいと私生活のほうが最近セットやら人狼やらで全然天鳳もstarsも打てていないのでちょこっと雑談をば。

 

僕は今5nlを打っているのだけれども、ちょうど上振れを引いた。ここ数セッション合わせて10バイインぐらいは増えた。収束すると多分-2bb/100ハンドぐらいになると思う。僕みたいなエンジョイ勢はこんな上振れを楽しんでればいいのよ。

 

とは言いつつも仕事中とか息抜きにポーカーのブログやらnoteを読んだりするわけで。仕事疲れたからここで紹介でもしようかと。

 

deathlog.net

 

僕と同じく5nlを打っているdeathさん。座学の方法や強レグの分析もしてたりもする人。専業というなの修行中の人。最近はnoteとかもいろいろ更新している感じ。こういうの見るとやっぱちゃんと座学をやってかないと上に進めないんだなと痛感。

 

kihara-poker.hatenablog.com

 

実は僕一度だけ木原さんに会ったことがあります。とはいっても木原さんの講演を一方的に聞いていただけなんですけどね。

 

毎年秋にGPW(ゲームプログラミングワークショップ)というのが開かれており、この実行委員長が当時私の所属していた研究室長の松原仁先生でした。

 

この時僕は卒業研究として麻雀を扱っており、このGPW爆打ちという麻雀AIの開発者である水上さんという方の講演があり、アルバイトとして参加させていただきました。そして実はこの時ゲストがもう一方いらっしゃり、それが木原直哉さんでした。

 

この時は木原さんがどれだけすごい人なのかはつゆ知らず、もしこの時に戻れるならとりあえずサインでももらっておきたい。

 

note.com

 

ポーカーにドはまりしたら一度は考えるポーカー専業。僕はなるほどの技術も金もあるわけじゃないし、一歩踏み出すための度胸もないです。でもなってみたいとはよく考える。というか仕事を辞めたいだけなんだけどね。

 

note.com

 

とりあえず読もう。

 


【25NL】長続きさせるコツ【ポーカースターズ】 #120

 

僕は結構この人の影響が大きいかも。この人の動画見てからブラフレンジとかスターティングハンドとか考えるようになった。

 

とまあ時間があるときは大体こんなのを見てます。少しでも参考になればと。それでは皆さん良いポーカーライフを。

ポーカーブログ始めました

おばんです。困ったら立直がポーカーのブログも始めました。

 

こっちでも天鳳と同じ感じでバッドビートだったりクラックした画像を上げていこうかと。

 

f:id:koma_reach:20200912010917j:plain

 

f:id:koma_reach:20200912010927j:plain

 

f:id:koma_reach:20200912010922j:plain

 

こんな風にね。あとたまにはpiosolverの結果だったりなんか本の感想だったりを書いていけたらなと思うので、こちらの方もみんなよろしくね。